この意味は何?

意味不明な言葉が増え続ける世の中に生きる人のためのブログ

こちらに移転しました。 →ネット用語の意味まとめ


スポンサード リンク


≒の意味と読み方


「≒」という記号の意味と読み方を書いていきます。
しかしこれ、変換が面倒な記号ですね。

<≒の意味>

まずは読み方を書こうと思ったのですが、
読み方=意味となるため、意味から入ります。

これは、

「ほぼ等しい」

という意味になります。
なんじゃそらという記号ですね。
ほぼって、数学でほぼって。ほぼっ(ry

というわけで、困った時のwikipediaさんです。
引用します。

−−wikipediaさんから引用開始−−

ほぼ等しい [編集]
∼ ≃ ≈ ≒
「∼」「≃」「≈」「≒」などは
「ほぼ等しい」「おおよそ等しい」「近似的に等しい」を表し、
近似式や近似値などに使われる。
いくつか似た意味の記号があるが明確な使い分けはなく、
また許容誤差など厳密な意味は文脈に依存する。

A ≒ B (AはBにほぼ等しい)

一般に日本語の文章中に記載される場合は、
数学の専門書を除き「≒」が使用されることが多い。
また、数学的な意味以外でも、
日本語の文章では「ほとんど同じ」という意図で
「たばこ≒麻薬」などのように使用されることもある。

−−引用終わり−−

まぁ、使い道がないことはないですね。
しかし、≒の意味を知っている人はどれだけいるのだろうか?
普段はあまり使わないように、
というか使ってほしくない記号である。

ちなみに、変換は「きごう」でできます。
頑張って探してください。

追記:コメントで簡単な変換方法を教えていただけました。
   「いこーる」、または「=」で変換すると簡単にでます。すごい。
    また、「きんじ」でもきごうよりも簡単に変換できます。
    個人的には一生使うことがない気がしますが、人から聞かれた時にドヤ顔で答えてみようと思います。
    理系なら常識ということで、いろいろ失礼しました。
    素晴らしい情報を教えていただき感謝いたします。



以上、≒の意味と読み方でした。




スポンサード リンク


この記事へのコメント
「≒」についてですが「きごう(記号)」を変換しても出てくるのですが、「きんじ(近似)」を変換することでも「≒」の記号が出てきます。

すでに、ご存じかとも思いましたが、記事の主題が「≒の意味と読み方」ということでしたので、
記事の終わりにある、
"変換は「きごう」でできます。"
という文章よりも
"変換は「きんじ」でできます。"
という文章の方がより合っているのではと思いコメントしました。
Posted by at 2012年02月16日 00:15
一番簡単な返変換方法は「=」を変換することだと思います。ニアリーイコールとも言います
出しゃばる形になってすいません。
Posted by 通りすがり at 2012年02月24日 01:12
ちなみに理系出身の人であればほぼ全員知っているといっても過言ではないと思います・・
Posted by at 2012年02月24日 01:17
素晴らしい情報を教えていただきありがとうございます。
さっそく記事に反映させました。

本当に感謝いたします。
Posted by 管理人 at 2012年03月02日 05:39
私は工学部卒ですが、近似の記号でWikipediaの例にある「 」(空白?)や「?」は見た事がありません。「〜」(波ダッシュ,区点コード0133;ここにカキコむと半角になり上に寄ってしまう) や、「−」(負符号・減算記号,区点コード0161;元のままの全角で)のすぐ上に波ダッシュを合わせて書いた記号なら、理工学書に例があります。もちろん最も多く見た例は「≒」です。
Posted by at 2012年06月20日 19:14
既出ですが、ニアリーイコールとも読みます。ニアリーで変換できるはずです。
Posted by at 2012年12月08日 15:15
既出かもですが、「やく」で変換してもでます。
Posted by at 2013年01月27日 15:01
『理系でも常識』とありますが、自分は文型ですが普通に知ってますよ〜。
まぁ滅多に使わないので≒の意味に自信なくなったから調べに来たんですが。
ちなみにニアリーで変換しても出ませんでした。
PCの機種にも寄るんですかね。
Posted by at 2014年01月28日 16:05
ニアリーイコール初めて知った(^^♪
これは中学で習ったよー
Posted by at 2015年02月08日 21:02
ま、国際的には通用しないみたいなんすけどね
Posted by at 2015年04月20日 14:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: